感想

金儲けのノウハウより、磨くべきものがあるだろう

社畜サロンの話題でツイッターは盛り上がっていた。

このブログは大学生に主に読んでもらいたい。
特にメルカリとか、ブログで毎月10万円とかは普通に稼いじゃってて、「将来は会社の犬になんかならないぜ!」と思っている方に。

はたまた、サラリーマンでも、なんだか自分のキャリアとかよく分からなくなって、とりあえず脱社畜の言葉に乗っちゃった方に。

私も大学時代、月に30万〜50万のアフィリエイト収益を3年くらい継続して稼いでいて、就職か専業アフィリエイターになるかはとても悩んだ。
そして今は会社員になって本当によかったと思っている。

社畜サロン騒動の要約

事の経緯を知らない方のために、簡単に脱社畜サロン騒動について説明する。

ツイッターの流れを詳細に見たい方はこちらのまとめをどうぞ。

togetter.com

ざっくり書くと、(敬称略)

  • 社畜サロンというイケダハヤトと正田圭と、はあちゅうの3人が運営する、約3000人メンバーがいる塾みたいなバーチャル組織がある
  • 運営者の一人、正田圭の経歴詐称疑惑が勃興
  • サロンのメンバーがイケダハヤトに「正田圭の経歴詐称の件、どうなのよ?」と質問
  • イケダハヤトがそのサロンメンバーを退会させる
  • 田端が「イケハヤ、それちゃうやろ。仲間を庇うのはいいけど、金払ってくれてるサロンメンバーにはちゃんと説明した方がええんちゃうん。もし経歴詐称がほんまなら、今のうちに謝っとけよ」的な指摘をする
  • イケダハヤトは「いや、なんでや。迷惑な客を追い出しただけやろがい。てか、とりあえず謝っておけって考え方も古いで」的な反論をする

って感じですね。w

ダイヤモンドはダイヤモンドによってしか磨けない

上記のURLにもあるtogetterまとめも読んだが、個人的には田端さんの主張に納得している。

イケハヤさんも正田さんも、やましいことがないなら証拠を見せて説明すればいいし、もし経歴詐称が事実なら、信じてついてきてくれている人たちに「ごめんなさい」と一言謝罪した方が良いと思う。

田端さんの指摘は「とりあえず謝っておけ」ではないので、そこは感情的になったのか、焦りからなのか、はたまた本当に1mmの違和感もなく本当にそう思っているのか分からないけど、ここにイケハヤさんの、なんか未熟さみたいなものを、失礼ながら感じてしまった・・・。

この一連のツイートで、田端さんのツイートは結構評判が良かったのだ。

「さすが大企業の組織で人をまとめてきただけの経験がある。イケハヤに謝るチャンスを与えるなんて」と。

こうした一連のやり取りをみた時、大学生の頃に聞いたこの言葉が思い浮かんだ。

ダイヤモンドの原石は、他の石では砕けてしまうので、同じ硬度を持つダイヤモンドでしか磨けない。 同じく人格もバーチャルな空間などではなく、現実的な人間関係の中でしか磨かれない。

田端さんは長く、様々な企業でサラリーマンをしてきた組織人だ。
イケハヤさんは、3年で会社をやめてフリーランスになっている。

この一例だけではなく、他にもいろんな場面で、組織で揉まれてきた人の非常に人格者な一面を見るたびに、人格は人間の中でしか磨かれていかないのだ、と思った。

フリーランスだからと言って、人格を磨く機会がないわけではないです。ただ人に揉まれるサラリーマンの方が、人間性を試される機会は多いように思います)

サロンに入るお金があるなら、世界的名著を読もう

「人格」とは、「個人として独立しうる資質」のことだ。

人格者とはひとことで言えば「誠実な人」を指す。

これについては全世界でベストセラーとなり、
名作『7つの習慣』の第一の習慣と第二の習慣を読んでみてほしい。

サロンに入るより、一生を変えるようなリターンを得られる。
最初読んだときは、同じことの繰り返しだったり「誠実さ」とか「愛」とか「自律」とかよくわからないことばかり書いてあって、理解できないこともあると思う。

私も19才の時、そうだった。しかし、

「世界中で読まれていて、(当時)50版以上されているのだから、名著に違いない。私の理解が及んでいないだけだ」

と思い、なんども読むと、だんだん理解できてきて、今では悩みがあるとすぐに『7つの習慣』を手に取るようになった。

世の中にはいろんなハウツー本が出回っている。
世の中にはいろんな自己啓発本がある。

でも、そんな小手先のことを学ぶ前に、人格を磨くことを考えてみてはどうだろうか。

きっと優れた人格の上に、魅力的なキャリアを積むチャンスだって訪れる。
私も何かあると「自分の人格を試されている」と思うし、『7つの習慣』を実行する人格者ならどのように振舞うだろうか、と考える。
スキルも人脈も大事だけども、私は人格を鍛えたい。

優れた人格の上にこそ、スキルやノウハウは活きてくるのだから。