QOL向上・仕事で役立ちそう

平日の夜に自分の時間を産むためのライフハック

話題になっていたライフハック大全なるものをKindleで買って、読んでみました。これ、めちゃくちゃ面白っす!でも、多い!!!

[å  æ­£å²³]ã®ã©ã¤ãããã¯å¤§å¨âââ人çã¨ä»äºãå¤ããå°ããªç¿æ£250

250個あるんですがこれを全部は読んでいられない・・・結構分厚いし・・・という方のために、厳選して5つに絞りました

 

 

特に同世代の社会人1年目、2年目あたりの方や、これから社会人になるぞ!という方にオススメです。
私もまだまだ残業はありますが、断然、仕事を進めやすくなりました。

平日の夜に自分の時間を産むためのライフハック

①ロードタイムをとる

RPGゲームをしたことがある方ならイメージしやすいと思います。テレビゲームなどのシステムには前回のデータをおろし、次のストーリを準備するロードタイムがあります。これを仕事にも取り込みます。

毎朝出社したら10分程度、昨日はどんな仕事をしていて、今日はどんな仕事をどう進めるのか?情報を整理します。これがロードタイムをとることです。ロードするのは今日やるタスクと作業の見積もり時間です。

私はこれに追加で毎週月曜日に上司に「今週片付けてほしい仕事」を聞いています。緊急で発生する仕事をなるべくなくすためです。上司が言ったつもりになっていた、締め切り当日に仕事を振ってくるは上司あるあるなので、月曜日に確認しておきます。1つでも突発タスクを減らすのが残業を減らすコツだと思います。

またタスクの見積もりは私の場合、1時間未満で終わる予定の作業は2倍、1時間以上かかる予定の作業は+1時間を見込んでいます。

例えば5分で片付くと思うものは10分、20分で片付くと思うものは40分、2時間かかると思うのなら3時間と見積もります。

そうすると緊急タスクや、作業を始めてから気づいたボトルネックに対応する時間の余裕が生まれます。

 

②セーブタイムをとる

ゲームの世界では、旅の記録や戦いの記録をセーブしています。ドラクエでいうところの「ぼうけんのしょ」です。あなたも自分の今日の仕事をセーブしておきます。セーブするのは今日した仕事と、かかった時間です。

見積もり時間より時間がかかった場合はなぜ時間がかかったのか記録しておくと、次回はもっと早くその仕事を進められるようになるでしょう。

 

③悪魔の取引

残業は悪魔との取引です。あなたのライフが10あれば、悪魔が1時間という時間をあなたに与える代わりに、ライフは1ずつ減り、翌朝さらに1減ります。

3時間残業したらあなたのライフは6しか残らないのです。

まさに悪魔との取引。こちらにメリットはありません。(『ライフハック大全』で出てきた例えばなしです)

これを意識するとさらに残業がいやだ〜という気持ちになれます。笑

 

④ドラゴンを確認する

「今日はこの仕事さえ倒せば帰って良い」という今日のドラゴンをロードタイムの時に決めておきます。上司やチームのメンバーに聞いておくのも良いと思います。そうでなければダラダラ残業してしまいかねません。

 

⑤村人に声をかける

これは『ライフハック大全』には載っていません。笑

私が意識していることでチームのメンバーや上司に困ったことがあったら、聞き方は工夫しながら、さらに効率的にできる方法はないかサクっと相談してみます。

ゲームの世界では村人に声をかけると、それがヒントとなって、勝利に必要な道具やゴールへの近道が見えてきます。これを仕事でもやってみるのです。

 

以上が私が残業を減らすためにあれこれやってみた結果、効果があった5つのライフハックです。ご参考になれば幸いです。

 

平日の夜に自分の時間を作って、スキなことしましょう!