感想

サスケくん惜しかった!IDEC、強かだ。

私はSASUKEを見ながら、「IDECって賢い会社だな」「サスケくんを雇う、って今の時代に合った『宣伝手法』なんじゃないか?」と推測したので、この記事を書いています。

 

きっと IDEC解説記事は多いと思いますし、溢れていると思うので、冒頭で書いた

「IDECがサスケくんを雇うのって、今の時代に合った『宣伝手法』なのでは?」という仮説についてちょっと語りたいと思います。

 

そもそも、IDECがサスケくんを雇うメリットはサスケくんが活躍してくれるとめっちゃいい企業の宣伝になることですよね。タイミングもバッチリ。この新卒採用の時期ですし。

 

しかもサスケって完全に個人の趣味なので、個人の趣味を応援してくれる理解のある会社、としてただの知名度アップの広告ではなくイメージアップだって期待できます。

 

CMをうつのではなく、SASUKE出場者を雇ってしまう、そしてその従業員を応援する。IDECは今の時代に合った働き方、企業宣伝をしている強かな会社だ、と思います。

 

スタートトゥデイの田端さんのように企業勤めをしながら、個人で活躍するサラリーマンが注目されていく、個人の活躍が評価されていく時代なのかなと皆さま感じておられると思います。

サスケくんもまさに、企業勤めをしながら個人で活躍しているサラリーマンです。

 

だから個人で活躍する従業員を応援するという宣伝手法はきっとこの時代に合っていて、テレビにちらりと写る綺麗なオフィス、趣味にも没頭できる豊かな私生活、きちんと企業の宣伝にもなっていると思います。

 

(IDECは純粋に従業員の夢を応援しているのかもしれません)

 

さらに、今の時代、 CMってあんまり見ないですよね…?SASUKEファンだって、録画して後で見る、という方もいるでしょう。CMを飛ばされたって、サスケくんを飛ばす人はいません。

 

・企業の知名度アップ

・企業のイメージアップ

 

両方を同時にできて、

・飛ばさずにきちんと見てもらえる

こんなに優れた宣伝媒体はないのでは…?

 

 (忘れないうちに!と思って急いで書いて急いで公開した記事。。雑ですみません)

 

サスケくんお疲れ様でした。

SASUKEファンの皆様、テレビの前での応援、お疲れ様でした!

 

 

twitter.com