ふと考えたこと思ったことのメモ

「お金」がなぜ存在しているのか思っていることを書いてみる

私はなぜかお金が大好きで、大学生の頃から投資、せどりアフィリエイト、代筆屋、集客代行などなど普通のアルバイトではないことでお金を稼いでいました。

月の手取りは今(外資コンサル1年目)と同じくらい。

その経験のおかげで、自分の向き不向きも分かってきました。

そして、お金がなぜ存在しているのか?

自分なりの答えを見つけました。

 

お金は人を幸せにするために存在しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私のモチベーションは「お金」です。

 

収入が増えると楽しいし、収入が少ないとつまらない。

 

 

大学生の頃、社会貢献したい、NPOがなんとか、ボランティアがどうこう、そういうものすべて、???と思っていました。

 

お金があればそのすべて、実現できるのでは???

 

世間には「人様の役に立つことをしていればいずれはお金になる」という言葉があります。

でもそれは、成功した人が言っていい言葉だと思っています。

 

まずは稼ぐ。法に触れない方法で、なんでもいいからしっかり稼ぐ。

金になった、ということは、誰かの役に立ったということ。

金になった、ということは、人様のお役に立てる「何か」を見つける力やそれを実現する力があった、ということ。

 

大いに儲けたら、自分のやりたいことをやる。

慈善事業なり、なんなり。

やりたいことがないのなら、応援したい人にお金を渡す。

またはさらに儲ける。

 

恋人も家族も大切な人も、お金がなくても幸せにはできるかもしれないけど、

お金がある方が不幸を避けられる。

 

「幸せとはお金ではなく、選択肢があるということ」と某有名人が言っていました。共感します。

でも、一部、反対します。

 

お金とは選択肢を増やすもの。

 

「あー、仕事疲れた。タクシー乗ろう、家まで1万円かかるけど」

そういう選択ができること。

 

「彼に似合うネクタイ、買いたいなあ。A(1万円)、B(3万円)、C(5万円)。。。1番合いそうなのはCだからこれにしよう!」

とお金に制限されずに選択できるということ。

 

「うちの子にとって一番いい教育を受けさせたい」そう思った時に学費だけで選択肢が制限されてしまわないこと。

 

「制限された中」で「最良」の選択をするのも幸せになるための力の1つであるけれども。

 

お金は人に選択肢を与え、人を幸せにするために存在しています。

だから大いに稼いで、幸せになって、幸せにしたい人のことも幸せにしたらいい。

 

お わ り

(またなんかあったら追記します)

 

ツイッターもやっています!

ツイッターからいただいたリクエストテーマの記事も書きますので、お気軽にフォローしてください!

@yuttorisedai

twitter.com