ふと考えたこと思ったことのメモ

現代史(ビデオの感想長過ぎ注意)

夜中ですが、
現代史のノート見返してたらいろいろでてくるでてくるww

ノートとかすてちゃうから記録していきます。
こっちのほうが見返しやすいですし!

大学1年生の頃、WW2のアメリカの様子のビデオをみました
授業で見たビデオの感想になります。

・コンピューターの発達は原発の管理をより効率的にするために
学者たちが務めたから

・今回のビデオの冒頭ではアメリカの女性が戦争=家庭をでて自分で働いてお金を稼ぐことと考えるようになったことが紹介された。
今まで働き手であった男性が戦場へ行ってしまったので女性が働くことになった。
アメリカ人の女性は「他人の小切手ではなく、自分の小切手を切ることができるのは爽快だ」と言っていた。

・ユダヤ人の子供で様々な実験を行ってから
「ロマニーは犯罪行為、反社会的行動をするから殺してしまうべきだ」との内容の論文を発表した人が博士になったこと。
本当に胸が痛ましかった。
実験対象になった子供たちがその後すぐに収容所に送られたことも想像したくないし、
知りたくなかった。
実験対象になっていた子供の日記が無邪気で、
楽しんでテストを受けていたので余計に苦しい気持ちになった。
どうしてそんな実験結果になったのかというとヒトラーが
「ユダヤ系民族は世界に悪影響を及ぼす」とゲルマン民族たちを洗脳したから。

科学的な実験でそんな結果が出るはずない。

実際、同民族でも育つ環境が違えば思考・行動・成長など大きく異なることが科学で明らかになっている。
遺伝や民族で性格は決まらない。
「ユダヤ系民族とスラブ系民族を人間としてみない」という意味不明洗脳がドイツ国民になされていた。洗脳は科学の実験結果も変えちゃうのか・・・

前回の講義で見たビデオでドイツ人の男性がアメリカに住む友人に
「ユダヤ系民族を迫害したから、ドイツはとても豊かになった。君の国ではどうして迫害しないんだ?」という内容の手紙を書いていた。
これ、アメリカ人の友達はどうおもったんだろうな。。

・サイパンの戦いが終わった日、アメリカの軍人が書いた日記

「日本人を追い詰めたとき、感動した」

それは日本人を倒したことに感動?
それとも苦しい殺し合いからの解放に感動?
達成感?